相続と税金対策

相続には、遺産相続に関する知識が必要で、相続問題は仕事を持つ方や、子供に手がかかるご家庭では、忙しさのあまりまともな話し合いがもてないといったこともありえる話です。また、相続による相続税や税金対策などにも対応しなければならず、税理士の手を借りなければ行えない事もたくさんあります。こうしたことから、相続と税金対策を考えた場合、初めから税理士にお任せした方がうまくいくことも多く、不正を見逃しませんので、相続人たちも安心してお任せできるというメリットがあります。

節税相続税を抑えるには、それ相応の対策を練る必要がありますが、税理士は税金に対してのプロであり、税金対策に対してのノウハウにも非常に熟知しています。相続税の対策は、税金を現金で支払うということもあり、財産に一定額の現金を作っておく必要があります。また、財産は相続人に分けやすい形で残しておき、生前贈与などもうまく使い分けていくと節税につながっていきます

配偶者は、贈与に対して大幅な控除があるため、こうした規定をうまく使うことも大切でしょう。さらに、不動産の方が相続税評価額が安いため、不動産取得も大きなメリットとなってきます。また、生命保険は500万円に相続人数をかけた金額までが非課税となるなど、様々な節税対策があります。

税理士への相続相談

税理士相続が発生し、相続を確定させ、相続におけるまでの段階に至るまで、すべての面で専門家によるアシストが必要となってきます。遺産相続は個人で行えるものではなく、書類作成や法的な手続き、届け出など、専門的なことが求められてきますので、相続が発生した場合は、必ず専門家である税理士などへ相続相談を行うことをおすすめします。

特に資産家と呼ばれるお宅では、何かと相続人によるトラブルが発生しやすく、相続の専門家が間に入ることで、こうしたトラブルを避けやすいでしょう。税理士は、相続のトラブルを解消し、円満な遺産分割を公平に行い、申告後に納税する資金の確保なども気軽にサポートしてくれます。また、節税に関しては税金のプロだけあって、相続税の軽減などに寄与してくれることでしょう。税理士のメリットは、なんと言っても税務に非常に強いというところにあります。

何かと揉めやすい遺産相続ですが、相続人が全員納得し、賢い遺産相続を行う必要があります。そのためにも、不動産の有効活用を行うなど、税務上のメリットに力点を置いた、戦略的な遺産相続コンサルティングが行える税理士の存在は、大変重要なものと言えるでしょう。また、遺産に株式や投資信託、投資商品などがある場合でも、売買対策に抜け目はありません。

相続税の成り立ち

相続とは、親族が亡くなったことにより被相続人が、故人の財産を受け継ぐ場合や、遺言によって財産を受け取る場合を指し、相続税は相続を受け取った場合に発生してくる税金のことを言います。では、一体なぜこうした相続税が発生してくるのでしょうか。それは、もともと相続をする財産が、偶然に財産を得た不労所得であるという事と、特定の人物に財産が集中することを防ぐ意味でも、税金を徴収します。

相続相続の発生は相続の開始と同時期で、財産を残した被相続人が死亡した瞬間から始まっています。相続の簡単な流れとしては、被相続人が亡くなった場合、7日以内に自治体である市区町村に死亡届を提出する必要があります。そして、遺言書が存在する場合は家庭裁判所での検証が必要で、遺言書が無い場合は、民放の定めにより相続する範囲や相続の順序、あるいは相続分によってそれぞれの分配額が定められます。遺産については、相続するすべての財産を挙げ、財産目録を作成することになります。

被相続人の配偶者は常に相続人となりますが、戸籍上に入籍していることが条件となりますので、内縁や離婚した妻などは基本的にはこれに該当しません。次に、確定した相続人の間で、遺産分割協議が行われ、その結果を記した遺産分割抗議書が作成されます。協議の結果、財産分与が行われますが、この時に忘れてならないのは、預貯金や不動産所有権移動登記などの手続きです。そして、この際に相続税が発生した場合は、税金を支払うことになります。