相続と税金対策

相続には、遺産相続に関する知識が必要で、相続問題は仕事を持つ方や、子供に手がかかるご家庭では、忙しさのあまりまともな話し合いがもてないといったこともありえる話です。また、相続による相続税や税金対策などにも対応しなければならず、税理士の手を借りなければ行えない事もたくさんあります。こうしたことから、相続と税金対策を考えた場合、初めから税理士にお任せした方がうまくいくことも多く、不正を見逃しませんので、相続人たちも安心してお任せできるというメリットがあります。

節税相続税を抑えるには、それ相応の対策を練る必要がありますが、税理士は税金に対してのプロであり、税金対策に対してのノウハウにも非常に熟知しています。相続税の対策は、税金を現金で支払うということもあり、財産に一定額の現金を作っておく必要があります。また、財産は相続人に分けやすい形で残しておき、生前贈与などもうまく使い分けていくと節税につながっていきます

配偶者は、贈与に対して大幅な控除があるため、こうした規定をうまく使うことも大切でしょう。さらに、不動産の方が相続税評価額が安いため、不動産取得も大きなメリットとなってきます。また、生命保険は500万円に相続人数をかけた金額までが非課税となるなど、様々な節税対策があります。