相続税の成り立ち

相続とは、親族が亡くなったことにより被相続人が、故人の財産を受け継ぐ場合や、遺言によって財産を受け取る場合を指し、相続税は相続を受け取った場合に発生してくる税金のことを言います。では、一体なぜこうした相続税が発生してくるのでしょうか。それは、もともと相続をする財産が、偶然に財産を得た不労所得であるという事と、特定の人物に財産が集中することを防ぐ意味でも、税金を徴収します。

相続相続の発生は相続の開始と同時期で、財産を残した被相続人が死亡した瞬間から始まっています。相続の簡単な流れとしては、被相続人が亡くなった場合、7日以内に自治体である市区町村に死亡届を提出する必要があります。そして、遺言書が存在する場合は家庭裁判所での検証が必要で、遺言書が無い場合は、民放の定めにより相続する範囲や相続の順序、あるいは相続分によってそれぞれの分配額が定められます。遺産については、相続するすべての財産を挙げ、財産目録を作成することになります。

被相続人の配偶者は常に相続人となりますが、戸籍上に入籍していることが条件となりますので、内縁や離婚した妻などは基本的にはこれに該当しません。次に、確定した相続人の間で、遺産分割協議が行われ、その結果を記した遺産分割抗議書が作成されます。協議の結果、財産分与が行われますが、この時に忘れてならないのは、預貯金や不動産所有権移動登記などの手続きです。そして、この際に相続税が発生した場合は、税金を支払うことになります。